春合宿を終えて、春を迎える

2018.02.22 Thursday 15:47 [-]

こんにちは!早くも新3年となりました、テノールの藤井崇彰です。
ちなみにブログを書くのは初めてでございます。合宿後はコンサートとキックベースの疲れからか2日ほどぐったりしていましたが、今はもう元気になりました!しっかりブログを書かせていただきます(笑)

まずは春合宿でご指導いただきました先生方、4日間本当にお世話になりました。ありがとうございました。
またOBOGのみなさまも、コンサートを観に岩井までお越しくださいましてありがとうございました。

今回のスプリングコンサートでは、例年よりかなり少ない人数の17人で歌いました。
そのうち半分以上は、初めてソロで歌う新2年生でした。

新2年生にとって春合宿は、混声を1年間続けるとやってくる境地…というか試練ですね笑

今年は少数精鋭になった分、一人一人が積極的に先生とお話できたのではないかと思います。

レッスン後にも、ベースの新2年生たちが先生に積極的にアドバイスをもらいに行っているのを見て、後輩の頼もしさを感じました。本番も一番良い演奏ができていたように思います。ベースの余興が残念だったのはこれに免じて許してあげましょう。(笑)

新3年生は…私だけです!ソロで歌うのも2回目となると、あまり緊張しないものですね。
私はトスティ作曲「Sogno」という曲を歌ったのですが、先生に正しい声の出し方を教えていただいたことで無理なくクレッシェンドをすることができました。 「あ、めっちゃ声出せる!」と感じたときはなんというか、本当に気持ちよかったです。
今年はより一層練習して、精進していきます。

新4年生は、さすが舞台での振る舞いに慣れていて、歌も去年より上手くなっているように思いました。そして何よりも、運営面でとても助けてもらいました。事前の準備から現場での動きまで、新4年生なしでは成り立ちませんでした。

ところでコンサートにいらっしゃった方は既にご存知だと思いますが、私、藤井崇彰が今年の部長と演奏会実行委員長を兼任で務めます。

今回の合宿で、先生方や先輩方、さらには後輩にまで頼りっきりで自分はまだ未熟だなと思い知らされました。今回経験したことを生かして一年間務めていくので、これからどうぞよろしくお願いいたします!

最近は暖かい日も増えて、春が近づいてきたようですね。中大混声にも、卒団コンサートや新歓といった春らしいイベントがやってきます。みなさま是非、春の日差しのようにこれからも温かく見守ってくださると幸いです。
| - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |